Lessons

ようこそ ‘Lua’と ‘Python’ のレッスンへ

個人レッスンでも、グループレッスンでも、生徒の質問を大切にしていきます。わからないところや質問したいことがあれば、やろうとしていること、すでに試したこと、そして得られた結果を明確に述べることができれば、質問に対して答えれる可能性が高くなり、生徒の理解度も上がるということです。

レッスン

Lua(Roblox)

RobloxStudioに興味のある学生は、この夏にLua言語の学びを探求することを勧めます。月1.5億人のユーザーがRobloxにアクセスし、最近、日本でも話題になってきました。プロジェクトを完了すると、友達と共有したり、独自のRobloxゲームを公開できます。

初心者向け:

レッスン1:5時間 Roblox Studioを初めて使用する場合は、Obbyを作成するレッスンプランが最適です。この夏はさらにパワーアップしたObbyと2つの新しいスキルを追加しました。Roblox Studioの経験がほとんど、または、全くない初心者でも楽しめる教材です。(リコメンド8歳から)

Robloxが勧めるレッスン。

レッスン2:5~8時間 Roblox Studioを初めて使用する学生はスクリプトに慣れるため、スタジオの中にあるテンプレートを使用します。人気の”Galactic Speedway”や恐竜を助ける”Volcanic Island”等は、ゲーム作成を知るヒントになります。さらに、このレッスンでは、接近するモンスターから身を守る為に使う、強力なマジックブラストを設計します。魔法のブラスターのパーティクルエフェクトを設計する方法や、激しい爆発から凍りつくようなつららまですべてを作ります。(リコメンド8歳から) 

マジカルな世界で何が起きるのでしょう

経験者向け

このレベルは、以前にRobloxStudioで学んだことのある学生や、ツールに既に精通している方にお勧めです。

レッスン3:1~2時間 この夏のRobloxが提案しているテーマは特殊効果です。ユーザーエクスペリエンス(UX)デザイナーとしてのキャリアを探求できます。

プレーヤーが最初にゲーム内に入った際のエクスペリエンスを設計し、コーディングしてみましょう。デザインの開発と共に、デザインとテクノロジーがゲーム内でどのように共感し、どのように影響するかを学びます。 

レッスン4:これらのレッスンは、学習目標に合わせ、コーディングのスキル向上とRobloxプログラムのゲームの構成力をつけるのに適しています。以下、各レッスンは30分~1時間の目安です。

  1. 変数とプロパティ
  2. 関数と条件
  3. Forループ
  4. 配列と辞書
  5. コードの整理
  6. パラメータとイベント
  7. If・thenステートメント
  8. 複数のパラメターと引数
  9. ElseifとElseの複数条件
  10. ポイント
  11. 配列と情報の保存
  12. 配列とループ
  13. 配列に変更を加える
  14. モジュールスクリプト
  15. モジュールスクリプト2
  16. ペアとIPAIRS
  17. 地形とツール
  18. ゲームパス

Python

このレッスンでは、Pythonのプログラムを書くために必要な基本的な概念を学びます。これらの概念の多くは、すべてのプログラミング言語に共通しているため、プログラマーとしての人生を通じて役に立つでしょう。Pythonはプログラム初心者にとてもフレンドリーです。

Basics:

レッスン1:8~10時間 最初のプログラムは、”hello world”というメッセージを画面に表示するものです。ここでは、あらゆるプログラミングの問題に対する一般的な解決策として、いくつかの対処法を学習します。情報を変数に格納し、文字や数値を扱うことを学びましょう。テキストベースのASCIIアートやジャンケンゲーム等作成します。(リコメンド8歳から)

経験豊富なプログラマーに迷惑をかけているのではないかと心配する必要はありません。すべてのプログラマーはどこかで失敗を経験していますし、ほとんどのプログラマーは正しく設定するための手助けを喜んでしてくれます。ーEric Matthes

レッスン2:8~10時間 単純なリストの作成方法と、リスト内の個々の要素の扱い方を学びます。また、リスト全体をループする方法も学びます。条件付きテスト、if文の書き方を学び、クイズ式ゲームやユニークなパスワードを作るプログラム等を書いてみましょう。タートルモジュールを使用してアートも作成します。(リコメンド8歳から)

レッスン2の課題は、下記の「Pythonの課題」から参考にされて下さい。

レッスン3:8~10時間 Pythonのディクショナリーを使って、関連する情報をつなげる方法を学びます。ディクショナリーに格納された情報にアクセスしたら、その情報を修正する方法を学びます。また、プログラムを継続して実行するために、Pythonのwhileループを学びます。 そして関数の書き方も紹介します。

レッスン:8~10時間 オブジェクト指向プログラミングは、ソフトウェアを作成する上で最も効果的なアプローチの一つです。オブジェクト指向プログラミングでは、現実世界の物事や状況を表すクラスを記述し、そのクラスをベースにしてオブジェクトを作成します。

レッスン:おめでとうございます。これでベーシックスキルをマスターされたレベルに到達したので、本格的なゲームを作る準備が整ったということです。ここでは、グラフィック、アニメーション、サウンドを管理し、洗練されたゲームを簡単に作ることができる、楽しくてパワフルなPythonモジュールのコレクションであるPygameを使用し宇宙船ゲームを開発します。

Pythonの課題
リスト全体をループし、if文を使用した課題です。

課題A

この課題は、「各国の言語を当てる」クイズとして数学が得意な生徒が考えた作品です。「なるべく答えを見ないで、全問正解して下さい」と言われました。何個正解できるかな?プログラムの楽しさが伝わる様に、生徒の興味や案をサポートします。

作品をみる

タートルはコードどイメージを使った学習法です。

課題 B

タートルモジュールを使用し、綺麗なアートを簡単に描きます。楽しみながら課題を自分で取り組み、見極めるには、小さなステップを踏みながらこなしていきます。ここでは最後のステップをおみせします。できたら提出してみたくなるかもしれません。

もっと詳しくみる

お客様の声

かなりコーディングへの理解と興味が深まったようです。しかも、日本語でご指導いただいたこと、息子にとっては貴重な体験となりました。大変有意義な時間になったと思います。

匿名

息子は宿題を心待ちにしておりまして、先生が課題を出して下さったと伝えると、嬉々として取り組んで提出しておりました。

匿名

一緒に素晴らしいものを作りましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。